<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ハーブティーとポンポコ
ポンポコ王子の通院が、昨日やっと終わった。最後のサービスなのか(んなわきゃない)、診察時には今まで以上にポンポコ具合の弾力を楽しませていただいた。……なんかエロいな。いや、エロいのよ、本当は。

黙っていると一日何杯でも珈琲を飲んでしまうので、2週間くらい前からカフェインレスを心がける様にしている。カフェインを摂り過ぎるとどうなるのか、カフェインレスに替えると何がいいのか知らないんだけども。会社ではクイーンズ伊勢丹でみつけたブレンドされたハーブティーを飲んでいる。その名も「CHANAKARA(チャナカラ)」。名前からして怪しいのだが、手にとったのはパッケージの怪しさと、そのパッケージから伝わるコンセプトの怪しさだ。このハーブティーは全7種類あるのだが、それぞれが各チャクラに対応しているのだ。パッケージにはデカデカとチャクラの図が描かれていた。

あたしが買ったのは4。ハートのチャクラと呼ばれる第4チャクラに対応しているもの。パッケージには「LOVE」「HARMONY」「BALANCE」の3つの字がデザインされていた。メロン&グリーンティ−という味も怪しい。緑が第4チャクラの色なのだとか。職場でとくにギスギスしていることもないのだけれど、あたしの職場での役割はずばりハーモニー担当であるので、これを選択。

飲んでみると怪しさなど何もなく、けっこう美味しい。気をよくして数日後、第3チャクラも買ってきた。こちらはバニラハニーブッシュティー。パッケージには「ENERGY」「POWER」「VITALITY」。上が得意分野をさらに伸ばす茶だとしたら、こちらは苦手分野の克服。で、これも美味しかった。各チャクラに効果があるかどうかはよくわからず、常に弛緩しているのは変わらない。

家ではデトックス・ティーを飲んでいる。こちらは、というかこちらもアーユルヴェーダに基づいた配合という、上記のチャナカラとはインド繋がり。PUKKAというブランドのイギリスのお茶だ。これは成城石井で購入。ハーブティーの棚に近寄った時に、妙な薬草めいた匂いがしたので「お、これが飲みたい!きっとこいつだ!」と、まず掴んだのがこのお茶だったのだ。ハーブティー売り場で目立つほどの香りであるから、その強さは推して知るべし。お茶をいれれば部屋中その香りで包まれるし、自分の部屋はもうアロマどころでなく、どこぞの漢方薬局のようだ。個人的な嗜好としては嬉しいものの、ちょっと複雑。配合されているのは、アニスシード、フェンネル、カルダモン、リコリス、コリアンダー、セロリ。わかる人には香りが伝わるだろうけど、嗅覚的にはダメ出しめいた最強さを持っている。

で、毒素が排出されているかというと、よくわからない。そもそも、毒素排出って何なんだろうか。尿が茶色だったりすることもない。汗をかきやすくなったかというと、寒くて縮こまって生活しているのでよくわからないし、相変わらずアロマ&ソルトな湯船に毎晩浸かっているので発汗良好なのでよくわからない。健康的な弁当にデトックスティーにアロマバスソルトなんてかくと「こいつ痩せたんじゃないか?」と期待されそうなので申し上げておくが、なんだかアイスやチョコやクッキーや和菓子に囲まれた生活をしており、まったく痩せてない。それどころか……(自粛)。結局のところ、自分がポンポコだからポンポコに安らぎを感じるのだろうなあ。

| comments(2) | trackbacks(0) | 22:40 | category: アロマ&ハーブ |
# 努力の結果がでない時期
さて、増量記念セールが止まらない。夜10時過ぎに帰宅して、バランスのいい栄養をたくさん摂取した。寝るだけなのに、こんなにいらんだろ!そして湯船に浸かりながら、ハッときづいた。もう10日である。ということは、個人的な事情により食欲が増しイライラが増し頭の回転が鋭くなり(当社比)肌の調子が悪くなる時期だ。仕方ないな、とあっさり受け入れる。

肌の調子は先日もらってきて喜び勇んでつけていたロレアルパリのリバイタルクリームのおかげで、よくなくなった。世界中でヒットしようが、あのクリームはあたしには強かったようで、しばらくしてピリピリを感じるようになり、週末洗い流して捨てた。本日は肌がガサガサに荒れた。今日は試供品でもらったコスメデコルテのバイタルサイエンスプレミアムのコラゲニッククリームを塗る。リバイタルのオロナイン軟膏的な香りに比べると、バイタルサイエンスプレミアムのローズが際立った香りははるかによく、幸せな気分になる。物によってバイタルサイエンスとフューチャーサイエンスをごっちゃに使っていたが(香りが好きでコスメデコルテを使っていたのにフューチャーサイエンスの香りは、あまり好きではなかった)、あたしの手持ちもいろいろ同時に空っぽになったため、今はバイタルプレミアムをライン使いしている。で、クリームだけは別でいこうと思ったが、こうも荒れたら仕方あるまい。これで明朝、コラゲニッククリームのおかげで肌荒れが直るミラクルが起きたら、迷わず買いに走るだろう。ちなみにそろそろパックもなくなりそうなのだが、これもいただきもののフィトメールのマスクがある。さすがにこれはピリピリすることはあるまい。ちょっと楽しみ。今週末にはAQの非常に高価なクリームがちょっともらえるのも楽しみ。なのに肌が不安定な時期とは……。

殺菌作用の強いティートリーの精油は、水虫などに直接塗布してよく、効くという。抗炎症・殺菌効果を期待して、やりすぎかしらと思いつつも顎にポツンとできた吹き出物に塗布した。で、ただ今、10分経過。恐ろしいことにもうすでに小さくなってる……ぅ。
| comments(2) | trackbacks(0) | 01:39 | category: アロマ&ハーブ |
# 丑三つ時の魔女レッスン
土曜にアロマテラピーの勉強をしてから、ちょうど仕事がひと段落したこともあって精油を使っていろいろ作りまくっている。普段はアロマポットを使った芳香浴とクレイパックくらいしか作らないのに、である。芳香浴は水を入れた受け皿に精油を入れ、キャンドルであっためる方法をとっていた。気分によって、バリバリ仕事したい時はローズマリー、部屋の空気をクリアにしたい時はティートリーとユーカリのブレンドやジュニパー、まったりしたい時はカモミール・ローマン系ブレンド、生理前のイライラにはクラリセージ、デートの前はイランイラン(使う機会はあるのか?)。パックは普段は化粧品ブランドのものを使っているが、たまにガスールを精製水でクリーム状にしたところに皮脂のバランスを整えるゼラニウムを入れて作っている。泥遊びのようで楽しい。

まず、髪のコンディションがよくないので、ヘアケア用のオイルマッサージをこしらえた。ローズマリーをベースにパルマローザ、イランイラン、ゼラニウムをホホバオイルに加えた。欲張りめ!
★ローズマリー(髪の成長促進。抜け毛対策)
★パルマローザ(パサつきや痛みに)
★イランイラン(抜け毛対策)
★ゼラニウム(ホルモンバランスを整える。パサつきや痛みに)
シャンプー30分前にこのオイルで頭皮マッサージをして蒸しタオルでくるむのである。今日はコンディションがよく、久々に髪の毛の上半分だけ止めて会社に行ったら「お嬢様みたい」「ナターシャみたい」って褒められた!ナターシャが誰だかは不明。

マッサージオイルはグレープシードオイルにたるみやむくみに効く“はず”のグレープフルーツとローズマリーを加える。うっしっし。これで痩せたら苦労ないわけだが。

バスソルトも作った。チベットの塩を大枚はたいて(塩としては、だけど)購入し、うーん、何入れたっけな。とにかく代謝が悪くなったように感じて気になるので、ローズマリーとゼラニウム、グレープフルーツを入れてる。あとローズ……ブレンドには合うもの合わないものがあるのだが、ちょい無視。バスソルトは気分でちょこちょこブレンドを変えているが、発汗作用のあるローズマリーは今のところ必須。長風呂をしては「600g減った!」とか喜んでいるが、その時だけなのであろう。しかし。この寝る直前にハッピーな気分を味わうというのは精神衛生上よさそう……。

あと重曹がいっぱいあるので、ティートリーとグレープフルーツを混ぜてトイレの芳香剤を作った。玄関も重曹&ティートリー。ティートリーには消臭効果があるので。内緒のオリジナルブレンドでコロンも仕込み中。毎日ニヤニヤしながら茶色の小瓶を振って馴染ませているところ。いっひっひ。

メーカーの異なるゼラニウムがうちに2瓶あるのだが、2瓶とも香りが違うのが気になっている。1つは某英国ブランド、1つは某国産ブランド。前者の方が香りが柔らかく深みがあり、比べてしまうと後者は粗悪品に感じる。ブレンド物は買わないし、当然植物100%の物しか買わないのだが、嗅ぎ比べて改めてどのメーカーの物を使うか真剣に考えようと思った。加えて、勉強以来、精油の成分が気になってしょうがない。何が何%入っているかで効果は異なるからだ。同じ植物でも大雑把にいって産地によっても違うし、さらにメーカーによっても違う。より正確に情報公開している物を使いたいなあと考えている。まだまだまだまだ手探り状態で、日々知恵熱が出るような感じだが、毎日が理科実験教室のようでとっても楽しい。
| comments(1) | trackbacks(1) | 23:54 | category: アロマ&ハーブ |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links