<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 海が運んだ宝物 | main | 週末総括 >>
# 沖縄備忘録の一部
前回来たのは昨年のいつだったか忘れたが、沖縄に来ている。今回は大学での仕事だったのだが、本物の大学の先生がいない間、掃除のおばちゃんが入っており、机いっぱいに広げた標本に興味津々。小さなおばちゃん2人が「先生、これは何なんですか?」と好奇心いっぱいに尋ねてくる様は、年上とはいえ可愛らしく、色々教えてみた。先生と呼ばれるのって、いいな。

その後、浜辺に立ち寄る。調子に乗って探検していたら、足元をだいぶ濡らした。海洋漂着物、多々ゲット。青い鳥の羽、珊瑚、貝、そして何の骨だかわからないけど、かなり骨太な何かの骨。

ところであたしは一昨年くらいから民芸を巡る旅をしているのだが(誰も知らないだろう)、現在の民芸を語る上で欠かせないのが、読谷北窯。ふらりと立ち寄った陶器の店で、以前、北窯に行ったことがあると話したら、沖縄のいろんな作家さんを教えてくれ、沖縄の焼きものの流派や作家の作風を学んだ。非常に有意義だった。同じくらい、説明をしてくれたお兄さんが若くてイケメンで美を解する面差しだったのが好ましい。

泊まっているのは昨年オープンしたばかりの国際通りのホテル。一番安い部屋をリザーブしたにも関わらず、ダブルのいい部屋にアップグレードしてくれていた。アメニティもボディタオルまで完璧な上、女性のみのアメニティセットもくれた。さっそく先ほど、エモリエントマスクで肌を潤わせてみた。

夜は、前回来た店に行ったら、そもそも安いのにあらかじめまけてくれてた上に、1000円まけてくれた。たらふく食べて飲んで2000円以下だ。最初は「地元のヒトでしょ?」と聞かれ、「観光のヒトー」と答えたのだが、我々の佇まいと料理のたのみ方が地元っぽかったらしい。なんだかうれしい。

沖縄。まだ3回目だが、初めてその土地に立ったときから懐かしい気持ちのする土地だった。さらに言えば、まだ見ぬ子供の頃から強く親近感を抱いていた。単に非常に呑気でルーズな性格に、この土地のゆるさがあうのかも。

しかし、今日は4時起きだったので、早く寝なくては!
| comments(2) | trackbacks(1) | 00:56 | category: 旅・旅・旅 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:56 | category: - |
コメント
今年初めての書き込みをさせて頂きます.でも,もう1月も終わりなのね・・早っ!
心機一転,真っ赤な背景ですね.丑年だけに気を奮い立たせて突っ走る(闘牛)ためでしょうか?

沖縄,羨ましいですっ
私もずーっと恋焦がれていて,2年前に初めてかの地に降り立ちましたが,期待を裏切らない素晴らしい楽園でした.タコさんのようにコアな楽しみ方ではなく,初心者の典型的な広く浅い観光旅行でしたが.本当は表面を楽しむだけではなく,もっと歴史的な背景をきちんと認識しながら旅すべきだったのでしょうけど・・・
ちなみに大学時代のサークルの同期10人程で行ったのですが,中には割と本気で移住計画を立て始めている人もいます(笑)
| 孤高の人 | 2009/01/28 6:37 PM |

どうもー。
1月、突っ走りっきりました。
31日には吐きかけました。飲み過ぎで。

沖縄本島、あたしなんて仕事で2回行っただけだってば…。
| タコ | 2009/02/02 12:15 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taco.jugem.cc/trackback/1212
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/01/23 6:30 PM |
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links